アイマグブログ―OFFICE SYSTEM7 藤田晴彦

imag089.exblog.jp ブログトップ

バーストシティー

19の春、初めての九州一人旅。博多駅の手前の壁に「ようこそRock'n Roll Cityへ」と赤のスプレーで書かれた落書きを電車の窓から見て「カツあげされないか?」とドキドキしたことがありました(笑)。


あの時ヘッドホンから流れていたのはStonesのLove in vain。アホなませガキでした。


#閉まっとるやんけ

d0371433_18522592.jpg


[PR]
# by imag0890 | 2017-10-18 18:53

贅沢なタコス

安全、美味い、安い、そして体に良い。便利さゆえに食べる基本事項が特別なことになってる現代。


この店は、古墳好きのご主人が、店の裏庭で無農薬で育てた野菜やハーブを10種類程使った贅沢なタコスが550円。写真に写る可愛い紫の花まで全部食べられます。

d0371433_18480606.jpg

ライムを絞ってプリプリ熱々のエビフライと共に一口頬張ると、すぐさま遠くの世界へ誘われる。ハーブってすごい。。。近くにあったらわし絶対通う!


ここは、メキシコのラホヤに住んでいた友人が、宗像大社近くで偶然見つけたメキシコ料理店ラホヤ。言わば、ロシアで土手内という名の北条鯛めし屋を見つけたようなものです(笑)。

d0371433_18482854.jpg

ラホヤなんて地域密着な店名は美味いに違いない、と入ったら大当たり!

ご主人と奥様の人柄も良いハーブになってます。近くに行った際は是非。

九州うまいもの巡りではなく、古墳巡りの取材旅中。

食べログってあまりあてにはなりませんね。けど以下、食べログの情報。
https://s.tabelog.com/fukuoka/A4003/A400302/40045768/

d0371433_18490903.jpg


[PR]
# by imag0890 | 2017-10-17 18:47

意外ね!

やれ、下関のポン酢でフグとクエの刺身。

某国産ディーラー出身で、レース用の特別なエンジンも造っているエンジニアさんに意外な話を伺いました。

毎日乗ってる車の方があまり乗らない車より壊れにくいそうなのです。誰も住んでない家がすぐ傷むのと同じだと。

36時間経てば回ってる油が落ちてしまい、乗ったり乗らなかったりする車は故障しやすくなるとの事。バスやトラックが壊れにくいのもその道理なんだそうです。

なので中古車を売るときには常識とは逆で、距離を走ってない古い車より、かなり乗ってる古い車のほうをおすすめするそうです。安いしまだまだ走ると。

10万キロ、20万キロ信仰なんて迷信です。ちゃんとオイル交換さえしていれば日本車のエンジンなんてそうそう壊れないです。との事。

確かにエンジンがダメになって車を買い換えた記憶はない

あと、同じ車種でも年式が古い方がしっかりした部品を使ってる場合があり、ニューモデル車より壊れにくい中古車も少なくないそうです。アルファードなら10系後期、2AZ 2004年のが一番頑丈に出来ていると。

魚も車も、その道のプロに聞かんと深いとこまでわからんですね。

今日も1日お疲れ様でした。
d0371433_18461524.jpg

[PR]
# by imag0890 | 2017-10-16 18:46

理不尽

パーキングチケット買って貼ってたのに駐禁切符を貼られていました。

???

今治署に電話をしたら、証明できるチケットを持って来て下さいと言うので、勝手に駐禁貼ったんだからうちまで取りに来て下さいと話したのですが、そんな事が通るわけもなく、はるばる出頭。

ミスですとは絶対に言わない、謝らない。逆に、フロントガラスに貼ってなかったのでは?と疑われる始末。

日本のお巡りさんは世界一優秀だと僕は思ってるけど、間違えば謝りましょうね。

皆様も理不尽な事があれば、運を貯めたと思ってご勘弁下さい。
d0371433_18441869.jpg

[PR]
# by imag0890 | 2017-10-15 18:43

大人

酒場へ行くなら超一流の酒場へ行き給え。安っぽい酒場で飲むな。


超一流というのは「いわゆる銀座の高級酒場」のことではない。


まず、カウンターのない酒場は失格だ。できれば,カウンターがあって、そこで立って飲ませるような酒場を選び給え。若いんだから立って飲め。


六時開店、十一時閉店という店がいい。終電までに帰れ。タクシーで帰宅するのは二十年早い。


ママさんが美人で、スター気取りであるような店は避け給え。バーテンダーは無口なのがいい。


「金を払っているのだから何をしてもいい」と思っている客は最低だ。だけど、超一流の酒場へ行っても怖気づくな。なぜならばきみは「金を払っている客」なのだから。正々堂々,平常心でいけ。


目立ちたい一心で隣の客に話しかけたりするな。キチンと飲み、キチンと勘定を払い、キチンと帰るのを三度続ければ、きみはもう超一流の酒場の常連だ。立派な青年紳士だ。店のほうで大事にしてくれる。


なんだ、酒場の話かと思うかもしれないがそうじゃない。僕は新しく社会人になったきみたちに社会のルールを説いているつもりだ。大いに遊び給え,大いに飲み給え。しかし,社会のルールを確りと守り給え。山口瞳


私が成人式を迎えた日の、大好きな山口さんが書いたサントリーの新聞広告。

今日も一日お疲れ様でした。

d0371433_01081953.jpg



[PR]
# by imag0890 | 2017-10-15 01:09

メモ帳がわりに書き込みます。


by imag0890
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite