アイマグブログ―OFFICE SYSTEM7 藤田晴彦

imag089.exblog.jp ブログトップ

鳥の目

Imabari city.
愛媛県今治市
d0371433_08331477.jpg



Rute196, Hojo, Matsuyama city.
国道196号、松山市北条。
d0371433_08333099.jpg
美しい島。





[PR]
# by imag0890 | 2018-06-16 17:32

至福

タモリさんも通っていた新宿満来のラーメン。


近くに住んでた頃、毎週食ってた変わらぬ味にほろりときた。


美味いの最上級は感動です。

d0371433_08300336.jpg


[PR]
# by imag0890 | 2018-06-16 10:30

中吊り広告

中吊り広告のキャッチコピー、秀逸なものから使い古されたことばまで様々。仕事柄?いつもチェックしてしまうクセがあります。


「あなたを叶える」

「リスクと戦う女性たちに」

「夏までに、今すぐ」


今一番多い季節物。

以上、全身脱毛、各美容皮膚科のコピー。


「まだ知らない夏にまだ知らない僕らがいた」


は、もう始まっている夏旅商戦、JAL。


「どうせとるなら楽しくなくちゃ」


は、夏休みを狙って、かつて僕も通った二子玉川小山ドライビングスクール。


「本気になれたことが一番の結果です。」


は、予備校かと思いきや、軽井沢高原教会。


本物の予備校のコピーは、

「入りたい大学へのパスポートかも?」


大学系になると、


「自分流ってなんだ?帝京大学」

「私が変われば世界が変わる。桜美林大学」

「一人を光らせる 和光大学」


全部、ちょっと古い。


飲み物系になると、


「あなたの一番旨いになる。キリン一番搾り」

「ひとつ上の贅沢、宝缶チュウハイ」

「ひとつ上の休息を。午後の紅茶」


どれも写真があって成立する広告コピー。


一番好きだったキャッチコピーは、


「カタツムリになる一日」


開成町アジサイ祭り。写真、デザインも秀逸でした。


目と足の不自由な男性が路上で、


「私は目が見えません。お恵み下さい」


と書いた札を前に座っていたのですが、器にお金が入ることはありませんでした。


通りすがりの女性がチャチャチャとことばを書き換えると、あっという間に器はお金で一杯になりました。


女性は何と書き換えたのか?


「今日は最高のお天気ですね。けど私はそれを見ることができません」


ことばのちからを使い切れ。


いい一日を。

d0371433_09012069.jpg


[PR]
# by imag0890 | 2018-06-16 09:02

西郷どん

龍馬さんの時もそうだが、大河ドラマがきっかけで全国から資料の新発見が相次ぎ、様々な真実が明らかになったりもする。


西郷さんを掘り下げに上野へ。自分の記録のために記します。

d0371433_08373009.jpg

昔は貧乏で理想に燃えていた伊藤博文や大久保利通ら、西郷さんの同志たちは明治政府の役人になり変わっていきます。

日本は相変わらず貧しいというのに、自分たちが定めた年俸は当時破格の1億8000万円。

要職に就き地位を利用し、爵位を求め貴族となり、贅沢三昧をするようになった昔の仲間たちを見て、

「ち・が・う・だ・ろ〜!」

と西郷さんや板垣退助ら、心ある指導者たちは嘆きます。

「たくさんの同志が死んだ、あの戦いは何だったのか?、、」と。


しかし、正論を唱えるのはいつの時代も少数派。保身の多数派から無視され、歴史家の磯田道史先生いわく「伊藤博文らが仕組んだ罠にはめられて」正論派は失脚。


その後の西郷さんの悲劇はご存じの通り。


諸外国からの侵略を恐れ、近代化という名の「西洋化」を優先する大久保さんと、諸外国との友好と「幸福度」を優先した西郷さんには決定的な意見の相違がありました。


『人間がその知恵を働かせるということは、国家や社会のためである。だがそこには人間としての「道」がなければならない。


電信を設け、鉄道を敷き、蒸気仕掛けの機械を造る。こういうことは、たしかに耳目を驚かせる。しかし、なぜ電信や鉄道がなくてはならないのか、といった必要の根本を見極めておかなければ、いたずらに開発のための開発に追い込まわされることになる。


まして、みだりに外国の盛大を羨んで、利害損得を論じ、家屋の構造から玩具にいたるまで、いちいち外国の真似をして、贅沢の風潮を生じさせ、財産を浪費すれば、国力は疲弊してしまう。


それのみならず、人の心も軽薄に流れ、結局は日本そのものが滅んでしまうだろう。/西郷隆盛』


彼の残した言葉を読んで、西郷さんが日本陸軍大将の職をあのまま全うしていれば、その後の昭和史も違っていたのではないかとつい思ってしまう。歴史に「たられば」はないのに。


龍馬さんや西郷さんが生きていたケースの、今の日本、アジアを見てみたいな〜、ドラえもん。

d0371433_08372142.jpg


[PR]
# by imag0890 | 2018-06-15 08:38

二郎三田本店

二郎三田本店もうで。山田の神降臨。

慶応大学のすぐお隣、江戸時代、この店の裏は伊予松山藩中屋敷でした。僕はラーメン屋に、ご先祖様は中屋敷に通ったかも知れません。


ここから歩いて10分ほどの田町駅近くが薩摩藩邸で、西郷どんと勝海舟が江戸城の無血開城の会談を行い、100万人の命が無駄死にせずに済みました。佐幕派の伊予松山藩は蚊帳の外でしたが。

d0371433_07320337.jpg


[PR]
# by imag0890 | 2018-06-15 07:32
line

メモ帳がわりに書き込みます。


by imag0890
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite