アイマグブログ―OFFICE SYSTEM7 藤田晴彦

imag089.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:未分類( 370 )

帰国

今年の旅は、

台北から新竹、台中、嘉義、台南、高雄まで南下し、

d0371433_22521691.jpeg

またグーンと北に上がって基隆、花蓮、

d0371433_22343385.jpeg
そして再び台北へ。
d0371433_22523820.jpeg
多くの人に会い、

d0371433_22464929.jpg
d0371433_22383322.jpg

d0371433_22452150.jpg

様々な話を聞き、写真に納めた。

d0371433_22350329.jpeg

先住民族の今の暮らしや歴史、

d0371433_22352465.jpeg

日本統治時代の残り香、

d0371433_22363287.jpg

先の台湾統一地方選で中国寄りの野党国民党が大勝した理由、

d0371433_22533170.jpeg

独立を叫ぶ人と現状維持を臨む人の根底に

景気経済とナショナリズムの絨毯が跨いで引かれていること、

d0371433_22371266.jpeg

台湾一美味いビーフンと台湾料理、

d0371433_22373477.jpeg

善悪2度の足マッサージ、

民族館で危うくアミ族と結婚させられそうになったり(笑)。

d0371433_22381067.jpg

様々なことを自分で体感できた。

d0371433_22465863.jpg

来年夏あたりに松山からの直行便が出るそうだ。

子供の頃の懐かしい昭和のレトロな街角と、

東京よりも進歩的なテクノシティーが迎えてくれるだろう。

d0371433_22385767.jpeg
d0371433_22391010.jpg
d0371433_22392054.jpeg
むかし日本だった国を是非一度訪ねてみて欲しい。
d0371433_22420600.jpeg


[PR]
by imag0890 | 2018-12-11 22:42

祈る

軍属として志願し、横浜、神戸、佐世保を経由し、

この港から出航して海に沈んだ祖父藤田藤一氏のために親子で手を合わした。

d0371433_07213844.jpeg
d0371433_07215188.jpeg

港周辺には多くの飲み屋や食堂が並ぶ。

祖父は家族に送金した残りのなけなしの金で、

最後に旨いものを食べてから船に乗り込んだのではないかと想像する。

藤田家の家訓は、「病院に金払うより旨いもんを食え」だから。笑

d0371433_07222998.jpeg

ご先祖さんは「悲しい顔は見たくない。君たちの笑顔が見たい」と語りかけてくれた。

彼が最後に見た陸からの景色、高雄にて。

d0371433_07224661.jpeg



[PR]
by imag0890 | 2018-12-10 07:23

台湾愛媛県人会

台湾に住む愛媛県人会の皆様に歓迎会を開いて頂いた。

d0371433_23410719.jpg

日本食研を始め、台湾に赴任中の、または移住した愛媛県出身者が集う。


お向かいにお座りの宇和島出身の山内さんは台北の日本料理屋「牛鬼」の店主。

d0371433_23412356.jpg

東京湯島でも腕をふるった66才ベテランの料理人。


なぜ台湾に来たのか?理由を聞けば、

『日本では、僕らベテラン職人の仕事はもうないんです。

給料も高くなるからベテラン職人が最初に辞めさせられる。

利益優先の会社がほとんどですから、

誰にでも調理出来るように仕事をマニュアル化して、

若い素人みたいなのを雇うのが今の日本のスタイル。

若い頃から積み上げてきた経験やプライドまで捨てて、

あのまま日本でやろうとは思わなかった。

あと、体が動くうちは国のお世話にならず

自分で稼いだ金で生きていきたいですからね。

台湾の8割はニセモノの日本料理ですから、

ほんとに美味しい本物の日本料理を台湾人に食べてもらいたいし、

こちらの日本人料理人に僕の知ってる全ての技や味を教えてあげたい。

こちらに骨を埋める覚悟で来てます。』と。


日本でも絶滅危惧種になった気骨のある漢を見た、いい会だった。


ちなみに、この会が行われた台北市内の鉄板焼屋「てつわん」の愛媛県人会伊東会長、

d0371433_23424614.jpg

伊藤店長の作った鯛めし、お好み焼き、他すべて、日本の店に引けを取らないほど美味しい。

d0371433_23430110.jpg

ひそかに器を温めてくれてる小さなお気遣いも日本の名店と同様。

ちゃんと気づいてましたよ。

ありがとう。

d0371433_23431742.jpg


[PR]
by imag0890 | 2018-12-09 23:43

異国での取材旅10日目

異国取材旅10日目。


台湾にも松山がある。

d0371433_22344788.jpeg

d0371433_20362881.jpg

その昔、台北市内の松山区は、

日本の松山市に景色が似ていることから松山と名付けられたことを旅中に発見した。

まだ松山市民の間ではほとんど知られていない。


花蓮市には吉野村がある。

徳島から入植した人々によって作られ名付けられた。

d0371433_20365753.jpg

村長さんの家は人気の食堂となっており、

d0371433_20372195.jpg

焼き豚卵飯のルーツのご飯も発見。

d0371433_20373522.jpg

近くには、四国を模した池を持つ四国八十八ヶ所参りのお寺なども残り、



四国からの移住者の望郷の念が伺えた。

お寺は新たに整備され、大切に保存継承されている。


また、花蓮市内の公園で戦前から毎朝続くラジオ体操に、

地元のご年配の皆様に混じって参加させて頂いた。

d0371433_20383861.jpg
d0371433_20385655.jpg

下関条約締結の元、1895年から50年間、正式に、ここは間違いなく日本だった。

植民地統治を正当化するつもりはないが、我々の今の幸せもまた無傷ではない。

GOOD DAY.

d0371433_20391020.jpg


[PR]
by imag0890 | 2018-12-06 11:35

異国取材旅9日目

異国取材旅9日目。

『晴さ〜ん!!!』

マジで?

なんと!台北の町外れの交差点で、

正岡子規研究で有名な愛媛大学の青木先生とバッタリ!!!驚

世界は狭い。

d0371433_20325432.jpg


[PR]
by imag0890 | 2018-12-05 10:32

異国での取材旅7日目

異国での取材旅7日目。今日も夏日。

人情も裏切りもある。旅は人生そのものだ。

Good day.
d0371433_20314917.jpg


[PR]
by imag0890 | 2018-12-03 11:30

異国での取材旅5日目

異国での取材旅5日目。

12月に入ったらしいが初訪のやんちゃな町は夏日。

Good day.
d0371433_20301743.jpg


[PR]
by imag0890 | 2018-12-01 12:29

気づかい

椅子の並べ方、後席を椅子と椅子の間に少しずらして、
交互に並べただけで後ろの人がとても見やすくなります。
d0371433_08325555.jpg
それができてる会場は業者さんの気づかいが行き届いてる会場。
会館や小学校の体育館の椅子なども是非こうして頂きたい。
d0371433_08332688.jpg


[PR]
by imag0890 | 2018-11-26 08:34

すごいもの博2018

日本屈指の女性ボーカル、と書くと安っぽく感じるかもしれない。

かつて在籍していた音楽事務所(Smile Company)の先輩、

沢田知可子さんの生の歌唱力、表現力は稀代。絹の肌触りのような歌。

あまりの上手さに歩いている人が何人も立ち止まったのを舞台袖から見ていた。

共通の知り合いも多く、ステージの後に懐かしい話をさせて頂いた。

d0371433_05473694.jpeg

「24時間の神話」が1993年にヒットしたVOICE。

双子デュオだけにハーモニーがよく馴染み、耳に心地よい。

d0371433_05475960.jpeg

ものまね芸人のコージー冨田さん。

タモリさんに変装していないと誰だかわからない(笑)。

一緒に写真撮っていい?とコージーさんから声を掛けて頂いた。

d0371433_05482550.jpeg

歌も会話もお笑いも、結局のところ「人間性」。それが声に出る。

今日ご出演頂いたトワエモアさんやU字工事さん他、

皆さん全員素晴らしいお人柄。それがよく伝わってきました。


愛媛のすごい食ブース農産業ブースが200店以上出店。

11月25日(日)も「すごいもの博2018」、朝9時半からスタート。

いい週末を。

d0371433_05484801.jpeg


[PR]
by imag0890 | 2018-11-25 05:49

酔って候。

やれ、司牡丹でカツオ刺し。


NHK大河ドラマ「西郷どん」もいよいよ終盤。

西郷さんの最期を知っているだけに後半は見るのがつらい。


姑息な手を使い明治新政府内の権力抗争に勝った者たちは名声を得、

巨大な庭付きの大邸宅に住み、多くの妾を囲い、お札になった。

勝った者が官軍だ。


一方、言う事なす事クリーン過ぎて邪魔者になった西郷さんや板垣退助は、

ハメられて内閣から排除された。

現代でもさもありげな話。


西郷さんの「征韓論」を未だに誤解している人が多い中、

NHKはよくぞその真相をドラマに描き誤解を解いたと思う。

「田原坂」他、西郷さんを描いたドラマは多くあったが、

明治新政府内の権力抗争の真実をちゃんと描いたドラマは初めて観た。

それだけで「西郷どん」放送の意義はあったと思う。


一昨日放送の「西郷どん」の録画をしらふで観てひとりせせり泣いた。


あとは悲しい顛末へ下り坂を転げ落ちる運命が待つのみ。

およそ人の世界では悲劇を煮詰めると喜劇が出てくる。

喜劇を煮詰めると悲劇が出てくる。

これからどう描いてどうオチを付けるのだろう。


経済、技術、文化、スポーツ等、日本国はとても優秀な国だ。

いかんせん政治だけは世界中の国々と比べて下から数えた方が早いのではないかと思う。

明治新政府から未だに続く悪い要因は多々ある。

我々国民にも責任はある。

つい明治初期の「たられば」を口にしそうになる。


人類の歴史は、人類がどれほど愚かであるかの歴史でもある。


今宵はここらでよかろうかい。

今日も一日お疲れ様でした。

d0371433_22535831.jpeg


[PR]
by imag0890 | 2018-11-20 22:54

メモ帳がわりに書き込みます。


by imag0890
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite