アイマグブログ―OFFICE SYSTEM7 藤田晴彦

imag089.exblog.jp ブログトップ

ビバ高松商!

今年の秋の高校野球四国大会は高松商の優勝で幕を閉じた。

d0371433_20003037.jpeg

昨秋のこと、明徳義塾が明治神宮大会で優勝したお陰で、

センバツ甲子園に出場出来る四国代表枠は4校に増えた。

出場したのは明徳義塾、高知、松山聖陵、英明の4校。


四国大会でベスト4に入りし、センバツ出場が確実視されていた高松商に春は訪れなかった。


周囲から見れば不可解な高野連の四国代表選考。

一昨年秋の済美が選ばれなかった時もそうだった。

そのすべてに選考委員の出身校である高知の高校がからんでいたのは偶然だと思いたい。


昨年末に取材でお邪魔させて頂いた高松商。

d0371433_19585495.jpeg

僕は彼らの練習風景を観てすぐに高松商のファンになった。

強かった頃の松山商のような、やる気、真剣味、そして、やんちゃさ(不良さ)を感じたからである。

練習にワクワク感と緊張感があった。


高松商野球部のほぼ全員が地元の自転車通学の子供たち。

3年前のセンバツ準優勝の時もそうだったが、

ここ数年ずっと他県からの野球留学生は1人もいない普通の公立校である。

長尾監督は中学野球出身、

d0371433_20001246.jpeg

選手は中学時代、長い学ランを着ていた番長だったり、

進学校に行けるほどの偏差値の高い子がいたりと、個性的な監督選手が揃う。


そして今日、昨年の悔しさをバネに四国大会優勝。

もう来春のセンバツ出場に誰にも文句は言わせない。


四国代表として、そして、唯一の県立高として今週末から各地区の優勝校が集う明治神宮大会へと乗り込む。

先に書いておく。侮る事なかれ、今年の高松商は強い。


センバツ出場がほぼ確実となった松山聖陵もガンバって欲しいが、

来春のセンバツ甲子園、嵐を呼ぶ大本命のチームは高松商だ。

d0371433_19594985.jpeg


[PR]
by imag0890 | 2018-11-04 20:01

メモ帳がわりに書き込みます。


by imag0890
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite