アイマグブログ―OFFICE SYSTEM7 藤田晴彦

imag089.exblog.jp ブログトップ

がんばれナナちゃん

昨年末、うちの愛猫に多くの乳腺腫瘍が見つかりました。

猫の腫瘍は8~9割が悪性だそうですが、手術をしても猫の場合再発の可能性が高いらしいですし、体にメスを入れるのにも抵抗がある。手術費用も高額です。

けど、ドクターにお話を伺い、家族で話し合って腫瘍摘出手術+病理検査を決めました。

その理由は、まだ彼女に手術をする元気があるということ、腫瘍の数は多いがステージ2だったこと、手術しなければより痛みが増してくること、命を預けるに値する信用できるドクターが近くにいたということ、それも、愛媛で発見するのはまず困難であろうかみさんと同じ都立高校の後輩というご縁。こういう偶然があると「間違いない」と思うようにしています。

1度目の手術が成功し昨日退院。右側の乳腺を筋肉ごとごっそり摘出。水がたまっていた子宮も。

「この子はがまん強い子ですね」と先生。

「避妊手術をしない猫は、初めての発情期前に避妊手術をした猫より乳腺腫瘍になる確率が7倍危険」と言われているそうです。

認識が甘かった。体にメスを入れたくないとか、1度くらいは子供を生ませてあげたい、などという自分勝手な考えで避妊手術をしなかったことが悔やまれます。

奇しくも手術の日は、11年前に鹿島神社の境内で目がつぶれて死にかけていた生後まもない彼女を拾ってきたのと同じ日。またまたの偶然は「もっと間違いない」と思うようにしています。

彼女の母猫になり代わって、彼女の面倒は最後まで責任を持ってみます。育ての親ですから。

d0371433_15352332.jpg


[PR]
by imag0890 | 2018-01-12 15:35

メモ帳がわりに書き込みます。


by imag0890
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite