アイマグブログ―OFFICE SYSTEM7 藤田晴彦

imag089.exblog.jp ブログトップ

黒い罠

「6万円の横浜○○ホテルの部屋をカードでご予約されましたか?」とカード会社を名乗る怪しい電話がかかってきました。

一線は越えていませんから。

とジョークを飛ばすこともなく否定(苦笑)。

最近よくあるカードの不正利用だと説明を受け、すぐにカードと請求を止めてもらうために名前や住所などを名乗り、しかるべき手続きをとって頂きました。

実は心当たりがあったのです。ホテルじゃなく不正利用のほうの。

年始に、品揃えがよく安いネットショップでお酒を買うためにカード番号を入力したのですがなぜか決済までいかない???。

こりゃ番号盗難されたな、、と思いましたが、もし不正利用されても購入店舗から確認メールがくるから大丈夫だろうと高を括っていました。

いつもなら詐欺サイトではないかしっかりと店をチェックするのですが時間が無くて怠ってました。

横浜のホテルからまだ予約メール、カード利用のメールはきていません。不正利用者は何かしらの方法で確認メールをカード名義者本人に送れないようにしているようです。

ここでまた疑問が浮上。まてよ?個人情報を全部聞かれたけど、カード会社からのあの電話自体が不正利用者からの詐欺電話だったのではないか?

帰宅してすぐにカード盗難ダイヤルに電話して確認。

お昼にこれこれこういう電話があったんですが、わしのカードちゃんと止まってます?

はい。まちがいございません。と電話口の女性。

ホッと一安心。

同じ横浜のホテルでカードを不正利用された方からの通報で、カード会社の方が機転を利かせてくれたおかげで災難を逃れることができたようです。

極端に品揃えが多く安いサイトは疑え!、文字化けや中国語まじりのサイト、翻訳サイトで訳したような日本語まじりのサイトは特にあかん。

サイトに書かれてある会社、店舗などの住所などが本物かどうかを確認してから購入すべし。偽の場合は、化粧品会社の住所なのにお酒を売っていたりする場合があります。

世の中には思わぬ罠がたくさん。これを反面教師としてお気をつけ下さい。

d0371433_10274731.jpg


[PR]
by imag0890 | 2018-01-09 10:28
line

メモ帳がわりに書き込みます。


by imag0890
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite