アイマグブログ―OFFICE SYSTEM7 藤田晴彦

imag089.exblog.jp ブログトップ

ホリエンコとの晩酌。

やれ。今夜は帰国中の、松山出身でドイツ国立交響楽団からエジプト国立交響楽団主席、現在ルーマニア国立楽団所属のトランペッター、ホリエンコとおでん熱燗で音楽談義

「ミュンヘンではミュージシャン専用マンションに住んでいた」と話す彼。ペット可マンションどころの騒ぎではない。ミュージシャン専用のマンションなど日本では聞いたことがない。

逆に、画家やミュージシャンは自分の正体をひた隠しにして不動産屋を回った人が大半だろう。

NYの友人もかつてアーティスト専用のアパートに住んでいて、入居時に自分の作品を大家さんに提示し審査に受かれば住人になれると話していたが、日本では画家やミュージシャンは厄介者扱いだ。

彼の話は続く。

日本のテストはみんなが100点満点を目指す減点形式のふるい落とすためのテスト。個性をそぎ落とす公務員養成所のような教育体制がとられるが、ヨーロッパでは加点形式で200点も300点もありうる個性を伸ばす教育が行われている。

例えば音楽学校の場合、指導者は天才タイプと努力タイプ2人の教授がついて指導にあたってくれ、どこが理解できていて理解できていないか指摘しやすく、基本と個性の両方をスキルアップできる。

あと、日本国が教育にかける予算の割合はドイツと同じなのに、ドイツは幼稚園から大学、専門学校まで授業料は無料。

日本はなぜ同じ事ができないのか?というと、日本では建物などのハード物ばかりにお金をかけて、先生を含む中身にお金をかけないから。

見直せば絶対出来るはずなのに、政治資金をもらっている団体の顔色をうかがっているため正しい方向へ是正できない。

ほんとに大丈夫か日本の未来?

同じような話で、日本以外の国々では、国立の交響楽団は公務員扱いで音楽家への待遇がとてもよい。日本では立派なホールはたくさん造っているのにミュージシャンのギャラや待遇は低く、いい音楽家も海外に行かざる終えない。と。

「外から見た日本の音楽現場への正直な声」と受け取りました。

永井荷風は戦前にこんなことを書いている。
「元来 日本人には理想なく 強い者に従い その日その日を気楽に送ることを第一となすなり」。

声の主、珍しい生き物ホリエンコの記録YOUTUBE映像は以下↓
https://www.youtube.com/watch?v=jVawMQMQmf8

今日も一日お疲れ様でした。

d0371433_23201986.jpg

[PR]
# by imag0890 | 2018-01-17 23:21

腸活

やれ。酒抜きの晩飯は、塩サバ、煮豆、山芋とろろ、奈良漬け、大根とナメコの味噌汁。今年から我が家の飯は今流行の「腸活」を取り入れ、野菜多めのおかずになりました。

先日テレビでやっていましたが、関東と関西ではご飯の配膳位置が違うそうです。

関東では和食における本来の礼儀にならい向かって右手前が汁で左手前がご飯、関西では合理性を重視し、向かって右手前がおかずで左手前がご飯、汁はというと左奥に追いやられる。

関東の方、着物の時代は汁の入ったお椀に裾を引っかける人が多かっただろうに。

我が家も礼儀しきたりよりも合理性最重視、袴と下駄ぬいでズボンと靴を履く時代だもの。

今日も一日お疲れ様でした。

d0371433_23192816.jpg


[PR]
# by imag0890 | 2018-01-17 17:12

成長写真

息子が1才の時から、毎年同じ日(成人の日)に同じ場所で写真を撮り始め、はや6年になりました。


2012年

d0371433_19004932.jpg

写真3枚とばして

2016年

d0371433_19011330.jpg
後ろのオリーブの木が1番大きく成長しています。

2017年
d0371433_19013977.jpg

息子に抱かれる年齢まで撮ります。笑

2018年
d0371433_19001917.jpg


[PR]
# by imag0890 | 2018-01-15 19:04

【高校野球ファン必聴】

1月13日(土)20時半〜放送した「俺の懐メロリクエスト」は、高校野球ファン必聴。タイムフリー機能で1月16日(火)までお聴き頂けます。以下。

あなただけの5曲の懐メロリクエストと想い出話をオンエアします。今までの人生に寄り添ってくれた想い出のリクエスト5曲とそれぞれの思い出話をお聞かせ下さい。
RNB.CO.JP


[PR]
# by imag0890 | 2018-01-14 23:56

トライ&トライ&トライ&トライ

やれ。怒濤の週末を終え宇和高原豚のしゃぶしゃぶでようやく晩酌。


昨日朝テレビをつけたら、さだまさしさんがむかし長崎に買った島のロッジをリフォームしてもらっていました。

さださんは28歳の時に35億円の借金を背負います。

「中国長江の最初の一滴を見たい」という思いからドキュメンタリー映画を撮影し、想像以上に費用がかさみ利子を入れ35億円の借金が残ったそう。

借金を返すため年間180回ものコンサートを行い、ひたすら歌い続けましたが、歌いすぎてのどをつぶさなないように思いついたのがトークを増やすというテクニック(笑)。いつしかトークがコンサート名物になり、ライブのトーク集がシリーズ化でCD発売されロングセラー盤にまでなりました。

そして5年前、30年かけてやっと35億円の借金を完済

トライ&トライ&トライ&トライ!

彼がこの経験から強く深く学んだことは、「絶対借金はしちゃだめ」だそうです(笑)。

さださんの表面しか見ず、才能や稼ぎがうらやましいと思っていた人は大勢いたと思いますが、うらやむならば本人の苦労と苦悩まで引き受ける覚悟が必用です。

ちなみに、僕はキャッシュ派でローンを組んだことがなかったため、ローンを組むことすら大変でした。「実績がない」と。

ローンをたくさん組んで借金を返している人とお金を貯めてから現金で買う人とでは、実社会においては借金をする人の方が偉いらしいのです。子供たちには教えたくないけど。

今日も一日お疲れ様でした。

d0371433_21515637.jpg


[PR]
# by imag0890 | 2018-01-14 21:52
line

メモ帳がわりに書き込みます。


by imag0890
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite